スポンサードリンク

食事のマナー

●食事・外食のマナー●


和食のマナー』について

和食の食事・外食のマナー、楽しみとしては、
素材、器、季節感・・・料理は五感を使って味わうのもマナーです。
料亭、レストラン、結婚式、食事会、他人のお家・・・


箸(はし)の持ち方
 鉛筆を握る要領で1本持ち、
もう1本を親指と人差し指の輪の中に下から通します。
和食の食事のマナーの中で最も重視されるのが箸使い。
おはしのこんな使い方には気をつけましょう。

=やってはいけないこんなはし使い=
よせ箸・・・箸を使って器を手前に引き寄せること
迷い箸・・・どれを食べようか迷って料理の上で箸を動かすこと
刺し箸・・・料理を箸で突き刺して食べること
渡し箸・・・箸を茶碗の上に渡して置く事
仏箸・・・ご飯にまっすぐ箸を立てる事
ねぶり箸・・・箸の先をなめる事
持ち箸・・・器を持った手で箸を持つ事
涙箸・・・汁物の汁や刺身の醤油を垂らしながら口に運ぶ事

取りばしがない時はお店の方に頼みましょう。
自分のお箸をさかさにして取り分けるのはおすすめ出来ません。


器・和食器
和食の作法では左手に器、右手にはしを持つのが基本ですが、
平皿や大皿、大きいものや鉢のように重いものは
持ち上げてはいけません。
器を持つ時は両手で持ち、左手にもちかえましょう。

汁物やご飯の器でふたのついたものは、
内側を上にして右側に置くようにします。
食べ終わったら元通り、ふたをしましょう。
ひっくり返して戻すのはやめましょう。

食事中は箸置きに箸を置くようにしましょう。
箸置きがなければ箸袋を折りたたんで山型にし、
箸置きの代わりにしましょう。
食事が終われば箸は箸袋に戻すのがマナーです。

つま楊枝は食後、人前を避けて使うようにしましょう。


食べ方
・魚の食べ方・・・
上身を食べたあと、尾を折って頭に向け、骨をはずして食べます。
ひっくり返して食べるのはマナー違反ですのでやめましょう。

・お刺身の食べ方・・・
わさびは醤油に溶かず、
刺身に乗せてから醤油をつけて食べるようにしましょう。



洋食のマナー』について

食事・外食のマナー洋食のマナーはこまごまともしていますが、
食事をおいしく楽しむために必要なものですね。
ここでは洋食のマナーに必要な知識、タブーをご紹介します。
フランス料理、イタリア料理(イタ飯)、結婚式、
食事会、同窓会、デート、記念日・・・


食事中の姿勢
まずは食事の基本、姿勢についてです。
いすに深く腰掛け、
テーブルとお腹の間がこぶし一つが入るくらいに座りましょう。
食事中は両手はテーブルの上に出し、背筋を伸ばします。


食事中の音に注意
食事中に必要以上の音を立てて食べるのはやめましょう。
口をあけてくちゃくちゃと音を立てながら食べる、
スープを飲むときの「ズズ」という音、げっぷももちろんいけません。
乾杯の際もグラスを合わせて音を立てるのではなく、
胸の高さまで持ち上げれば十分です。


ナプキンの使い方
着席し、食べものや飲み物の準備が始まればナプキンを取り、
二つ折りにしてひざの上に置きます。
折り目のある方を手前にするのが正式です。
口の汚れや手を拭く時はナプキンの内側を使いましょう。

席を立つ時は椅子の上か背の部分にかるくたたんで置いておくと
「戻ります」というサインになります。

食事が終わったらテーブルの上にたたんでおいて置きましょう。


フォーク、ナイフの使い方
ナイフ・フォークの使い方のマナーは・・・

テーブルセッティングされているフォーク、スプーン、ナイフは
外側から順番に使いましょう。

ナイフを右手、フォークを左手に持ち、漢字の「八」の字を作るようにします。
人差し指で軽く上から押さえるように持ちましょう。

食事中、フォークやナイフを置くときは「八」の字に置くと、
「まだ食べます」という合図になります。
ナイフの刃は内向きに。
食事が終わればそろえておくと「終了」の合図になります。

もし、食事中にフォークやナイフを落としてしまったら、
自分で拾わず、係りの人を呼ぶようにします。
お店の人を呼ぶときは軽く手を上げて下さい。
大声で呼んだりするのはタブーです。


これら食事・外食での和食と洋食のマナーです。

タグ:マナー
posted by 食事・外食のマナー at 09:01 | 和食・洋食の外食・食事のマナー
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。